緑のある部屋

お笑い好きのスロー日記

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ物

とうもろこし、ニラ、切り干し大根、ひじき、海草、きのこ類、こんにゃく、したらき、ポップコーン、ごぼう、レンコン、たけのこ、山菜、かんぴょう、メンマ、ナッツ、するめ、豆類の皮、とんぶり、ごま、ドライフルーツ、玄米、さつまいも、もやし、生野菜。

女性や健康的食生活を目指す人には、食物繊維が豊富でとってもすばらしい食品です。
でも、身体的理由でこれらを食べたくても食べられない。
食べれないとなると余計食べたいよーーーん(>o<;)
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

謎の鳥

日本には謎の鳥がいる。その正体はよく分からない。

中国から見れば、その鳥は「カモ」に見える。
アメリカから見れば、その鳥は「チキン」に見える。
日本国内では、その鳥は「サギ」だと思われている。
でも鳥自身は、自分のことを「ハト」だと言い張っている。

個人的な意見だが、私はあの鳥は日本の「ガン」だと思う。







座布団三枚っ!!なんてね。

脱ニート宣言

 ある日突然解雇と言われ翌日から仕事がなくなってから苦節10ヶ月。ついに就職が決まりました。
本当に大変だった。。。ハローワークで仕事を紹介してもらっても電話確認してもらった時点で申込者の100人超えは当たり前。そういうわけで履歴書を送っても返事は来ず、一体何通送ったのかもはや覚えていません。

派遣登録をしてネットでエントリーしても、電話でエントリーしても社内選考で落とされ続け。社内選考で通って面接に行っても落とされ続け。自信をなくし続ける日々が続きました。

リーマンショックの前はそれでもサブプライムの被害は受けたものの求人はあって、たとえ就業中でも仕事紹介の電話はあり、比較的求められるスキルも自由度がありました。例えば経理事務募集でも「実経験なしでもスキルに応じて相談可」とか。
しかしその後本格的に日本がヤバくなってからは会社側が提示してくるスキルを必ず満たしていないと選考にすら入れてくれなくなりました。
もっと優秀な人材が採用されるのは分かりますが、かなり人員削減しすぎじゃないですか?
ぜんっぜん需要と供給のバランスがとれていないんですけど。。。
アメリカがくしゃみをしたら日本は風邪を引くと言われたりするけど、インフルエンザもらってどうするの!!
しかも人員削減のし過ぎで残された社員は大変になり、結局また新しい人材を雇いなおす始末。
求職者があふれて、会社は安い給料で選び放題。でも安くても無職ではいられないから多くの人が一つの仕事に群がる。会社は給料安くても人がくるから、さらに給料安くする。ふざけんなーーーーーっ!

ハァハァ。・・・・ちょっと興奮した(笑)
私は今怒っています。なぜかというと今までにない安時給だからです。一般事務でもこんな時給はかつてありませんでした。それなのにある意味スキルが必要な仕事でこの時給。でも働きますよ、ええ働きます。このままでは生活保護を受けるしかない状況ですから。

今現在の市況ではそうやって我慢して乗り切ろうとする人も多いのではないでしょうか。しかも仕事が見つからない人はまだまだたくさんいます。仕事決まっただけでも儲けモノです。喜び組です(笑)

というわけで早く以前のような雇用情勢に戻ってほしいです。
今は働き出したばかりなので一生懸命新しい仕事を覚えて今後に備えたいと思います。

食べるラー油

 最近大好きな調味料です。
ご飯にのっけても、パスタに絡めてもうまし!!
色こそ辛そうだけど実は辛くなくて、フライドガーリックのカリカリ感が最高に良い食感。

昨日は豚のしょうが焼きの肉の上にちょいちょいのせて味にアクセントをつけ、今日はタラコスパの上にタバスコのようにふりかけてみましたが、う?ん うまし!!
油じゃなく具がうまいんです。白米があればもうこれだけでいいっ・・・とは言わないけど、それほどナイス。
辛くなくて、ニンニクが効いてて、すばらしい調味料です。


スコーンを作ってみた

 節約生活を心掛けて粉物にハマっている私。
今回はスコーンを作ってみました。
形は若干スタバをパクって三角に(笑)  丸い生地を平らに伸ばして六等分です。
経験の浅い粉料理の中でこれが一番お気に入り!!!

表面カリサクの中フワフワでうまし!
味は「アメリカンドック」(笑)  大好きな魚肉ソーセージとチーズを入れたせいかしら。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。