緑のある部屋

お笑い好きのスロー日記

01月« 2010年02月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728»03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる人

 今年も飽きずにお笑いテレビを観続けています。
その中で最近気になってしょうがない芸人がWコロンの「ねづっち」です。
この人のなぞかけの才能に非常に関心しています。打ち合わせなしのお題にも気持ちよく対応して数秒後には「整いました??(^^)/」と言ってすばらしいなぞかけを披露してくれます。
あるバラエティ番組で「交渉人 the movie」の出演者が番宣に来ていたときに出されたお題に対してのなぞかけもすばらしかった。
「爆発」と言われて数秒後に「整いました??。爆発とかけまして味付けご飯とときます。その心は、どちらもかやくがはいっております。」
また「毛穴」と言われて「整いました??。毛穴とかけましてお正月とときます。その心は、はつもうでいけるでしょう」・・・とかなんとか。
もうはっきりいって笑点とかメじゃないと思うんですけど。ガチで打ち合わせなしのようです。
芸人として一生懸命に勉強や研究を重ねてきた努力の結果か、はたまた才能か。

さて外国のかたは現在の日本のお笑いを見てどう思っているのでしょうか。面白い?理解できる?
逆に私は外国のお笑いを字幕付きで観てもその面白さを理解できなかったりしますけど。
日本のお笑いは暴力的なツッコミが入ったり、その芸人の個性を知った上で見ないとわからないボケがあったり、有名芸人すぎてメディアに出ているだけで面白く感じられたり。日本人(日本特有の笑いのセンス?を理解できる人)が観るからこそ面白いという芸人さんが多いような気がします。
だからもちろん「これってなにがおもろいの?」っていうのもあります。

私は外国人が観ても笑えないような日本独特のお笑いも非常に大好きなのでこれからも観続けて笑い続けるつもりですが、昔のドリフターズのように老若男女が楽しめるお笑いがもっとあってもいいと思います。チャップリンやMr.ビーンのように世界中の人を笑わせることができるのはすばらしいですよね。そんなのもあればいいなぁと。

ちなみに今のお笑いでは鳥居みゆきと椿鬼奴も気になってます。
鳥居みゆきの漫談はすごく上手だと思うし、椿鬼奴のダルイ感じの雰囲気と英語の歌が好きです。
あぁぁ。ボンジョビ歌いたくなってきた。♪シャスザハ?エンユートゥウブレィ♪(笑)
スポンサーサイト

韓国料理 in 新大久保

 友人の誕生日を祝うため、ついに「味っちゃん」へ行きました。
平日なのに外に並ぶほどの混み具合でしたが、絶対食べたかったので寒いのを我慢して待ちました。
その後30分ほど待って入店できました。なかなかにぎやかそうな感じの雰囲気のお店です。

早速注文したサムギョプルは、いままにないほどの肉の厚みでびっくり。食感はカリフワでとてもうましです。
ごま油と塩のみのタレで肉そのものの味を堪能できます。

みなさん、金欠な私にいつもご慈悲をありがとうございます!!
Thank you and I love you mate!!!!

ma chan
 励みになります

「黒執事II」は2010年7月から放送開始

 私のお気に入り漫画「黒執事」のアニメ第二弾が放送されるようですが、記事をよく読んでみると、主人公がセバスチャンじゃない。。。。
えーーーーーーーーーって感じ。もう漫画とは別モンですよこれは。
もともと漫画しか読んでないし、アニメは深夜で観れなかったのでさほどがっかり感はないですが、台湾旅行へ行った時「黒執事」が毎晩10時くらいから放送されていたのに感動して、その時にほぼ観てました。
 第1話は観てみたいけど、あとはやっぱり漫画でいいかなぁ。

ちなみに台湾のガイドさん曰く、台湾では日本のドラマなどは日本で全部終わってから一気に毎日放送するとのこと。台湾の人は毎週1回だけのドラマの続きを翌週まで待てないんだそうです。(せっかちさん?)
だから多少流行のドラマに遅れは出るけど、そうやって一気に観るほうがすっきりするそうです。
でも、私も結構そういうタイプかも。なぜなら昼間にドラマの再放送毎日やってるのが楽しみでしょうがないから(笑)


------------------------以下本文--------------------------------
女性層を中心に人気を博したアニメ「黒執事」が放送されたのは2008年10月から2009年3月のこと。その後、2009年6月に第2期制作が決定と発表されて喜んだ人は多かったのではないでしょうか。

2010年1月31日、「黒執事」のイベントである「その執事、狂騒?赤いヴァレンタイン?」が開催され、第2期に関する情報が明らかになったのですが、今度は喜んだ人がいた反面、地獄に突き落とされた人もいたようです。

詳細は以下から。
TVアニメーション 黒執事
http://www.kuroshitsuji.tv/

黒執事スタッフブログ:いかがでしたか?

「黒執事」は月刊Gファンタジーに連載されている枢やなのマンガで、2008年10月から2009年3月にかけてアニメ化されました。アニメ化以前に製作されたドラマCDからはキャストが変更されましたが、「”あくま”で執事ですから」を決めゼリフとし、柔らかい物腰で完璧に執事をこなすセバスチャン・ミカエリスを小野大輔が、そのマスターにして玩具・製菓メーカーを営むファントムハイヴ伯爵家の当主である少年シエル・ファントムハイヴを坂本真綾が好演、セバスチャンがシエルに「坊ちゃん」と語りかける様子にクラッと来たファンは少なくなかったのではないでしょうか。

今回のイベントで明らかになったのは、第2期に新しい執事としてクロード・フォースタスが、新しいマスターとしてアロイス・トランシーが登場し、クロードを「コードギアス 反逆のルルーシュ」枢木スザク役の櫻井孝宏が、アロイスを「魔法少女リリカルなのは」フェイト・テスタロッサ役の水樹奈々が演じます。新執事の決めゼリフは「私は、あなたを”飽くまで”貪りたい」だそうです。

番組は新シナリオで2010年7月から開始とのことですが、一方でセバスチャンやシエルがどのように絡んでくるのかについては一切情報がなく、また、第1期のラストを考えると何事もなかったかのようにシエルが登場するというのはちょっと考えにくいところもあり、セバスチャンとシエルの絡みが見たいというファンにとっては情報が出るまでしばらくしんどい日々が続きそうです。

・関連記事
2010年冬季(新春)放送開始の新作アニメ一覧 - GIGAZINE
女子高生たちのバンド生活を描いた人気アニメ「けいおん!」、第2期製作が決定 - GIGAZINE
第2期制作中のストライクウィッチーズのラジオ番組「ストライク・ウィッチーズ スターライトストリーム」今晩から”出撃” - GIGAZINE

提供元:GIGAZINE

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

ソーシャルゲームの急成長「サンシャイン牧場」

 以前もサンシャイン牧場のことを書きましたが、今でも飽きずにやっています。というか世界中で流行っているようですね。
日本語の間違いの面白さも含めて楽しんでいます。ニュースによるとそのゲーム会社の世界中の利用者は1200万人というこですが、すごい数だなと。
ミクシーのサンシャイン牧場の登録者をみると400万人を越えてました。なんかまだまだ増える予感ですねぇ。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091110/340346/

ヨーロッパ飯

 赤ワインが飲みたくなって以前行ったことがある高田馬場にあるイタリアンへ行きました。大山鶏の塩焼きを肴においしいイタリアワインを堪能しました。ここは穴場でとても落ち着きます。

前日は有楽町でスペイン料理屋でボトル2010円均一という素敵なワインフェアーをやっていて思わず訪問。その足でドイツ料理屋へ行って軽く地ビールを飲んだんですが、その時に注文したソーセージの盛り合わせがめちゃくちゃおいしかった!!!
白ソーセージって最高?♪

daigo1.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。